ビジネスフレームワーク入門(アイデア深堀)

  • ビジネスに使われるフレームワークはいろいろあるが、ひねり出したアイデアを深堀する際に使えるものを調査した。
  • 4C分析
  • 4P分析
  • バリュープロポジションキャンバス
  • 3C分析
  • STP分析

4C分析

  • 自社商品やサービスを分析するためのフレームワーク。
  • Customer Value:顧客価値
  • Cost:顧客にとっての経費。時間的、心理的にも。
  • Convenience:顧客利便性。商品やサービス自体ではなくそれらの入手しやすさ。
  • Communication:顧客とのコミュニケーション。顧客が入手できる情報やフィードバックを返せるか。
  • 顧客価値だけでなく、ビジネス全体の概要を理解するのに適していると思われる。ConvenienceとCommunicationがわかりにくいかもしれないが、元々は4P分析の改善から使われるようになったため。

4P分析

  • 自社商品やサービスを売る側の視点で分析するためのフレームワーク。
  • Product:製品
  • Price:価格
  • Place:流通
  • Promotion:販促
  • 前述の通りプロダクトアウトの発想のため、あえて使う必要はないだろう。

バリュープロポジションキャンバス

  • 自社の製品やサービスと顧客のニーズが合致するところを探すためのフレームワーク。顧客のニーズと共に自社製品の提供価値を分析するためには最も適しているだろう。
  • Value Proposition:顧客への提供価値。ひとまず簡潔に。
  • Customer Segmentation:顧客セグメント。
  • Customer Job(s):顧客が達成したいこと。解決したい課題。機能的には具体的な行動や状況、社会的には周りの評価、感情的には個人の気持ちとなる。
  • Gains:課題解決によって顧客が得られる利得。どのように得られるのか。副次的な効果はあるのか。
  • Pains:課題解決のためのハードルやリスク。Gainsの裏返しであることも。
  • Products & Services:自社の製品やサービス
  • Gain Creators:顧客に利得をもたらす製品やサービスの内容
  • Pain Relievers:顧客の悩みを取り除ける製品やサービスの内容
  • これらを整理したうえで何が合致しているのかを明らかにし、サービスコンセプトを明確にする。「私たちの”Product&Services”は、”Gain Creators”や”Pain Relievers”により、”Customer Job(s)”を成し遂げたい”Customer Segmentation”を助けます」など。
  • この仮説を元に、以下の三つの検証を進める。
  • Customer Problem Fit:顧客は本当にその課題を持っているか
  • Problem Solution Fit:その課題に対して自分たちのアイデアは妥当であるか
  • Product Market Fit:その商品の市場は存在するか

3C分析

  • 4C分析と名前は似ているが目的が異なり、市場を分析するためのフレームワークである。
  • Customer:顧客ニーズ、市場の規模や成長性など
  • Competitor:競合のシェア、特徴、戦略など
  • Company:自社の現在のリソースや事業、戦略など
  • しかし使い方によってはバリュープロポジションキャンパスのまさに”Value Proposition”の検討に使うことができる。
  • Customer:顧客ニーズは変わらず。
  • Competitor:競合商品の提供価値
  • Company:自社商品の提供価値
  • Customer ∧ Company ∧ not (Competitor):他社は満たせないが、自社は満たせる顧客のニーズであり、まさに”Value Proposition”である。

STP分析

  • 顧客を特定して、競合他社との差別化要因の明確にするためのフレームワークである。
  • Segmentation:市場の細分化
  • Targeting:細分化された市場の中で狙う顧客
  • Positioning:ターゲット顧客へのアプローチ。競合他社との差別化方法。
  • バリュープロポジションキャンバスの”Customer Segmentation”の検討に使うことができる。

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です