長期滞在するなら行政施策や株主優待などを活用しよう

  • 短期の旅行と異なり、長期の旅行となると宿泊費の負担が大きくなる。
  • 宿泊費を抑えるには、Go To トラベルのような国の施策、株主優待による割引、長期滞在用のサブスク利用などを検討しよう。
  • もし移住先を探しているなら、自治体が実施しているお試し移住事業に申し込むのも良いだろう。

Go To トラベルを利用

  • 期間限定の施策と思われるGoToトラベルだが、使えるうちは候補になるだろう。
  • 1予約で7泊まで使えるので、それ以上の長期滞在には複数予約に分ける必要があるだろう。※2020年10月時点の情報なので再開後どうなるかは不明。Go To トラベル事業における泊数制限の導入について
  • Go To トラベルの再開時期は2020年4月時点では未定であるものの、割引率30%、クーポンが平日3,000円、休日1,000円というのは公開されている。GoToトラベル旅行者向け公式サイト
  • たとえば、一人一泊10,000円の宿に夫婦二人で7日間連泊し、クーポンは土日を休日扱いとするとすると、宿泊費9.8万円(10,000×2人×7泊×(100%-30%))に、クーポンが1.7万円(3,000×5泊+1,000×2泊)ついてくる。つまり14,000円/泊に2,428円/泊のクーポンがついてくる。二人で20,000円/泊で探せば食事付きプランもあるので選択の幅が広い。

株主優待を利用

  • 株主優待を使うと割引料金で宿泊できる場合がある。
  • 株主優待を入手するには株を購入して判定基準月を待つか、フリマアプリや金券ショップで購入するか。前者は時間がかかるし、後者は株主本人しか使えないものがあるので注意。
コード法人名対象ホテル優待基準月(適用期間)備考
3244サムティエスペリアホテルなど無料宿泊11(3~2)株主様ご本人及びそのご家族様がご利用いただけます」FAQ
3289東急不動産HDホテルハーヴェストなど優待料金3(6~1)
9(12~8)
ツイン12,100~17,600円/泊で利用可
3463いちごホテルリートコンフォートホテルなど優待料金1(5~3)
7(11~9)
3476みらいコンフォートホテルなど基本料金の約30~40%オフ4(7~6)
10(1~12)
4681リゾートトラストホテルトラスティ30~50%オフ3(7~6)株主優待の「インターネット等により第三者へ売買する行為は、個人情報等の不正利用防止に鑑み、禁止FAQ
4691ワシントンホテルワシントンホテルプラザなど20%オフ3(7~6)例:ツイン素泊まりが12,600円だとすると10,080円
8591オリックスハイアットやヒルトンの一部10~15%オフ3(7~)
9(12~)
「株主カードは株主さまご本人以外のご使用を固くお断りいたします」優待ガイド
8850スターツコーポレーションホテルエミオンやホテルルミエールなど20%オフ3(~1)
9(~7)
「各ご優待券は、株主様ご本人及び株主様のご親族のみ、ご利用いただけます」
8963インヴィンシブルマイステイズホテルなど10%オフ(楽天証券)6(10~3)
12(4~9)
8984大和ハウスリートダイワロイネットホテル優待料金2(5~11)
8(11~5)
ツイン朝食付き17,020~19,420円/泊で利用
8985ジャパン・ホテル・リートオリエンタルホテルや、メルキュールホテルなど10%オフ6(10~9)
9202ANA HDインターコンチネンタル、クラウンプラザ、ホリデイ・インなど20%オフ3(6~11)
9(12~5)
ハイクラスホテルが多いので2万円を超えることも
9616共立メンテナンスラビスタなど通常料金の約10~30%オフ3(7~1)
9(12~6)
9713ロイヤルホテルリーガロイヤルホテル正規料金の50%オフ3(6~12)
9(12~7)
優待を使わない方が安いことも
9722藤田観光ワシントンホテル、ホテルグレイスリーなど正規料金の50%オフ6(10~3)
12(4~9)
10,000円前後から利用可(藤田観光グループ施設料金表 2022年度版
宿泊関連の株主優待/投資主優待一覧(管理人作成)

サブスクモデルを利用

  • 東急tsugitsugi。全国173施設を日替わりでも連泊でも利用可能。連続する30泊23万円、ルネッサは2,000円/泊、バケーションズは6,000円/泊の追加。同伴者1名無料。23万円と考えると高いが、土日含めて素泊まり7,667円/泊からと考えるとなかなかお得なプラン。抽選だが13泊11万円プラン、8,462円/泊からもあり。
  • 三井不動産ホテルマネジメントHOTELここだけパス。全国38ホテルのうちの一つに連続14泊以上することでツインを素泊まり4,700~9,500円/泊で利用できる。土日含めて4,700円から利用できると考えるとお得なプラン。利用期間は2022年4月現在で2022年8月10日まで。ちなみにHOTELどこでもパス、日替わりでも連泊でも利用できて、30泊21万円+ホテルランクによって1泊500円~8000円の追加料金するプランもあるが、現在募集なし。

移住先を探しているなら、自治体が用意している移住体験施設を利用

  • もし長期滞在の目的が移住先探しだったら、自治体が用意している移住体験施設の利用も検討しよう。
  • もちろん全ての自治体が用意しているわけではないので、移住候補地が用意していればという幸運があればだが。
  • たとえば2021年の移住先ランキングで1位だったのは静岡県。2021年移住希望地域ランキング公開(ふるさと回帰支援センター)県東部の東伊豆町が運営している体験施設は、一人一日1,500円で利用できる。お試し住宅(お試し移住体験施設)- 予約状況更新 –(東伊豆町)

まとめ(再掲)

  • 短期の旅行と異なり、長期の旅行となると宿泊費の負担が大きくなる。
  • 宿泊費を抑えるには、Go To トラベルのような国の施策、株主優待による割引、長期滞在用のサブスク利用などを検討しよう。
  • もし移住先を探しているなら、自治体が実施しているお試し移住事業に申し込むのも良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。